心に沁みる朗読とギターの音色

   

2017年5月26日

第449回ランチタイムコンサート

出演:皆元祐子(朗読)、濱田貴志(クラシックギター)

 

 5月最後のランチタイムコンサートは朗読とギターの演奏を味わいました。

 皆元さんの優しく語りかけるような朗読と、濱田さんの寄り添うようなギターの音色が心地よく、優しく、穏やかな心持にさせてくれるコンサートでした。

 

動画はこちら→詩:谷川俊太郎作「生きる」、曲:佐藤弘和作曲「シンプルソングNo.6」

 

次回6月2日はオーボエの進史絵さんとハープの安楽聡子さん、ピアノの久保田美紀さんです。


再発見!音楽のストーリー

   

2017年5月25日

福平中学校芸術家派遣プロジェクト「再発見!音楽のストーリー」

出演:森美紗(ソプラノ)、宮永彩乃(ソプラノ)、橋口謙信(テノール)、菅野優貴(ヴァイオリン)、有村瑞穂(ピアノ)

 

 5人の演奏家が「再発見!音楽のストーリー」と題したプログラムで、中学生に演奏を披露しました。

 普段、何げなく聴いている曲の中にも多くのクラシックの名曲が使われていること、その曲に込められた想いなどをレクチャーしながら演奏を楽しんでもらう内容でした。
 

 途中ではヴァイオリンの体験コーナーもあり、代表で体験した生徒の音にあわせて、菅野さんがエトピリカを演奏すると会場からどよめきと大きな拍手が贈られました。

 お終いはみんなで合唱して、コンサートを締めくくりました。梅雨入り前の曇り空で、それほど暑くもないという気候にも恵まれ、中学生が音楽を集中して楽しんでいる様が印象的なコンサートでした。
 


アフリカの太鼓と命

   

2017年5月21日

鹿児島市東部親子つどいの広場“なかまっち”芸術家派遣プロジェクト

「アフリカの太鼓と命」

出演:橋本里美(ダンス)、徳田健一郎(パーカッション)

 

 お天気の良い日曜日、天文館にある親子つどいの広場“なかまっち”で芸術家派遣プロジェクトを実施しました。今回は小さい子どもさんと保護者の方が対象ということで、橋本さんと徳田さんは紙芝居や親子で遊ぶリズム遊びを中心に実施しました。

 


 

 紙芝居と橋本さんのダンスによるアフリカの生活の紹介に子どもたちは惹きつけられ、リズム遊びでは橋本さんを真似て一所懸命にからだを動かす子どもや、お母さんと小さい赤ちゃんが楽しそうに触れ合う様子が微笑ましく、楽しい時間でした。

 終演後も太鼓の周りには子どもたちが集まり、楽しそうに叩いていました。
 


自然の豊かさに想いを馳せて

   

2017年5月19日

第448回ランチタイムコンサート

演奏:森美紗(ソプラノ)、有村瑞穂(ピアノ)

 初夏の爽やかな風吹く中、ランチタイムコンサートの会場は森さんの歌声で満たされました。

 5月22日が国際生物多様性の日ということで、豊かな自然を大切にという想いをこめた子守歌3曲や、オペラ「蝶々夫人」から“ある晴れた日に”など、情感溢れた演奏に会場から大きな拍手が贈られました。

 

動画はこちら→伊藤康英作曲「おんぶら・まい・ふるさと」

 

次回5月26日は濱田貴志さんのギターと皆元祐子さんの朗読をお届けします。


からだでコミュニケーション

   

2017年5月13日

平川小学校芸術家派遣プロジェクト

「親子でからだでコミュニケーション」

指導:勝部ちこ・鹿島聖子(コンタクトインプロビゼーション舞踊家)、西迫貴美代(県立短期大学講師)

 

 今年度最初の芸術家派遣プロジェクトを平川小学校で実施、勝部・鹿島・西迫の3人の指導者の下、子どもたちと保護者が一緒になってからだを使ったコミュニケーションと表現活動に取り組みました。
 

 はじめは「コンタクトインプロビゼーションって何?」とよくわからない様子の子どもたちでしたが、実際にからだを動かし、友だちやお母さん・お父さんたちと触れ合う中で、少しずつ積極的になり、お互いに動きを工夫するなど、からだを使った表現の面白さを感じているようでした。また保護者の方も日頃の子どもさんとのふれあいとは一味違った接し方に新鮮な感覚を持たれたのではないかと思います。
 


新緑感じさせる演奏

   

2017年5月12日

第447回ランチタイムコンサート

演奏:末廣輝(オーボエ)、福田まい(フルート)、井上美涼(ピアノ)

 

 連休明け、5月最初のランチタイムコンサートは若手演奏家3人の演奏を楽しみました。

 フルート、オーボエのソロと3人のアンサンブルで奏でる曲は、いずれも新緑の若葉のように柔らかく、フレッシュな音色で、この季節にピッタリのコンサートになりました。

 

動画はこちら→ケーラー作曲「花のワルツ」

 

次回5月19日はソプラノの森美紗さんとピアノの有村瑞穂さんが出演します。


ランチタイムコンサート学生出演者募集

   

ランチタイムコンサートの学生出演者を募集します。

 

 鹿児島市役所みなと大通り別館の市民アートギャラリーランチタイムコンサートでは7月から9月の期間を下記要項のとおり、音楽を学んでいる学生の皆さんに提供します。学生の皆さんの積極的な応募をお待ちしています。

  1. 出演募集日 20177月から9月の金曜日(811日を除く)、6組程度
  2. 演奏会場 鹿児島市役所みなと大通り別館市民アートギャラリー(客席数約50席、グランドピアノ有り、生音での演奏に限る。)
  3. 演奏時間 1220分〜50分の30
  4. 応募資格 大学生以下で30分のプログラムを構成・実施できる個人またはグループ
  5. 応募方法 ―弍藜毀勝淵哀襦璽廚両豺腓魯瓮鵐弌質完の名前) ⊇蚕蝓電話番号(グループの場合は代表者の) 3惺察Τ慍福Ε魁璽后弊豺供法´け藾娵疎屐´ソ弍藉望日(第2希望まで)を明記の上、郵送かファックス、メールで申し込んでください。

   応募先 〒892-0847鹿児島市西千石町13-3吉留ビル3-2 かごしまアートネットワーク

ファックス 099-248-7780 E-mail info@k-art-net.org

  • 募集締切 201762日(必着)
  • 演奏者決定 演奏者に直接通知します。(応募者多数の場合はかごしまアートネットワークで調整します。)
  • 出演料はありません。
  •  問い合わせ先 かごしまアートネットワーク 892-0847 鹿児島市西千石町13-3吉留ビル3-2

   電話・FAX 099-248-7780 E-mail info@k-art-net.org


弦楽三重奏を堪能

   

2017年4月28日

第446回ランチタイムコンサート

演奏:竹添みどり(ヴァイオリン)、安楽聡子(ヴィオラ)、清水かおり(コントラバス)

 

 ゴールデンウィーク直前の穏やかな青空が広がる中、ランチタイムコンサートの会場には弦楽の心地よい調べが流れました。

 竹添さんのヴァイオリンと安楽さんのヴィオラがお互いを引き立てながら豊かな味わいを創り出し、そこに清水さんのコントラバスが深みとアクセントを加えて、豊麗な音の世界が観客を魅了しました。

 

動画はこちら→ドボルザーク作曲、町田治編曲「ユーモレスク」

 

来週5月5日はお休みして、次回は5月12日、末廣輝さん(オーボエ)と福田舞さん(フルート)、井上美涼さん(ピアノ)が演奏します。


和と洋の優しい音に包まれて

   

2017年4月21日

第445回ランチタイムコンサート

演奏:村尾智美(フルート)、本藏理恵(箏)

 

 花曇りの中、ランチタイムコンサートの会場は和と洋の優しい音に包まれました。

 村尾さんの繊細なフルートと、本藏さんの凛とした箏が互いに引きたて、また溶け合い、表情豊かな音の世界を創り出していました。

 

動画はこちら→いずみたく作曲「見上げてごらん夜の星を」

 

次回4月28日は、竹添みどりさん(ヴァイオリン)、安楽聡子さん(ヴィオラ)、清水かおりさん(コントラバス)が出演します。


春の陽気に似合うコラボレーション

   

2017年4月14日

第444回ランチタイムコンサート

出演:からみゆか(コカリナ)、白澤克実(パーカッション)、山トム(ギター)、木下まどか(ダンス)

 

 この日のランチタイムコンサートは、新コラボ企画としてこれまでにない共演を楽しみました。コカリナを中心とするリズミカルでやさしい音楽に、ベリーダンスの艶やかな表現が乗り、春の陽気に似合う心地よいひとときを生み出してくれました。

 

 

動画はこちら→白澤克実作曲「ロマネスコ」

 

次回4月21日は、フルートの村尾智美さんと箏の本藏理恵さんが出演します。

 


トップへ