冬日和のランチタイムコンサート

   

2019年1月18日

第530回ランチタイムコンサート

演奏:隈元奈津希(ソプラノ)、武田幸美(ピアノ)

 

 澄みきった冬日和にぴったりのすばらしい演奏が響き渡りました。

 ソプラノの隈元さんはオペラから日本歌曲そして歌謡までを、豊かな表現力と声量で歌い上げ、ピアノの武田さんも伴奏とともに、ブラームスの美しい曲を情感込めて演奏し、会場から大きな拍手が送られました。

 

動画はこちら→喜納昌吉作詞作曲、中村透編曲「花〜すべての人の心に花を〜」

 

次回1月25日はCaprice Saxophone Quartet(カプリスサクソフォンカルテット)の演奏です。


 


  • -

新年交流会開催

   

 2019年1月13日、イイテラスホールで鹿児島市芸術文化協会との共催による新年交流会を開催し、45人のアーティスト、市民が交流しました。

 初めにスライドによる鹿児島市芸術文化協会とかごしまアートネットワークの紹介があった後、開会あいさつそして乾杯、歓談へと入っていきました。

 途中には「琵琶の会 美和」と「黒豚オーボエクラブ」の皆さんによる演奏も披露され、花を添えました。
 

 終盤のアピールタイムではこれから予定している催しの紹介などがあり、ジャンルを超えた会員同士の交流とともに、日頃芸術文化を支援している市民の方との交流もできた意義ある会でした。

 また、全体としてこれまでになく若い人たちの参加が目を引き、これからの鹿児島の芸術の可能性を感じさせました。

 これからもアーティストと市民のみんさんが交流できる場を提供していけたらと考えています。
 


北と南の民謡楽しむ

   

2019年1月11日

第529回ランチタイムコンサート

演奏:別府川春(津軽三味線)、小山こずえ・中村あけみ(唄)

 

 東北と南九州の民謡を楽しんだコンサートでした。おはら節は秋田おはら節があり、ハンヤ節も津軽あいや節となって地域に根差し、歌い継がれてきたということなど、お話を聞きながら、その民謡を味わうと、遠くの雪で覆われているだろう東北地方がグッと身近に感じられました。

 

動画はこちら→津軽民謡「津軽あいや節」

 

次回1月18日はソプラノの隈元奈津希さんとピアノの武田幸美さんの演奏です。


2019年ランチタイムコンサートスタート!

   

2019年1月4日

第528回ランチタイムコンサート

演奏:松元愛依(メゾ・ソプラノ)、木村紀子(フルート)、本藏理恵(箏・ピアノ)

 

 新年おめでとうございます。本日、2019年のランチタイムコンサートが始まりました。お箏とフルートによる「春の海」で幕を開け、着物姿の演奏も新春にふさわしい賑々しい雰囲気で、会場いっぱいの観客から大きな拍手が送られました。

 ランチタイムコンサートは毎週金曜日12:20〜12:50 鹿児島市役所みなと大通り別館1階市民アートギャラリーで開催しています。今年も様々なジャンルから多彩な演奏家のコンサートを実施していきますので、どうぞお気軽に足をお運びください。入場無料です。

 

動画はこちら→日本古謡、八代秋雄編曲「さくらさくら」

 

1月11日のランチタイムコンサートは津軽三味線の別府川春さんと民謡の小山こずえさんが登場します。


2018年のトリはココムーンハウスホイッスルオーケストラ

   

2018年12月28日

第527回ランチタイムコンサート

演奏:ココムーンハウスホイッスルオーケストラ

 

 2018年最後のランチタイムコンサートはココムーンハウスホイッスルオーケストラの演奏で締めくくりました。

 コカリナのからみゆかさんとティンホイッスルの藤祐至さん、ピアノの大森真理さんによるどこか懐かしく、優しさと力強さ、素朴さと華やかさを併せ持った、心地よい演奏を、観客は外の寒さを忘れて楽しんでいました。

 

動画はこちら→イングランド民謡「Bear Dance」

 

新年のランチタイムコンサートはは1月4日、箏の本藏理恵さんとフルートの木村紀子さん、メゾ・ソプラノの松元愛依さんで幕を開けます。


クリスマスはゴスペル!

   

2018年12月21日

第526回ランチタイムコンサート

演奏:レイール・ノーツ(ゴスペル)

 

 クリスマスを控えたランチタイムコンサートは「やっぱりゴスペル!」ということで、レイール・ノーツのみなさんがゴスペルを披露してくれました。

 「サンタが街にやってくる」からクリスマスソングメドレーなどなじみの曲には会場いっぱいの客席からも手拍子が沸き起こり、またじっくりと聴かせてくれる曲もあって、クリスマス気分を盛り上げる楽しいコンサートになりました。

 

動画はこちら→「Go Tell it on the Mountain」

 

次回12月28日は今年最後のランチタイムコンサート。ココムーンハウスオーケストラのからみゆかさん、藤裕至さん、大森真理さんが出演します。


清水中で「異人館物語」

   

2018年12月18日

清水中学校芸術家派遣プロジェクト:演劇「異人館物語〜小さな小さな友好革命〜」

公演:劇団上町クローズラインほか市内4劇団合同公演

 

 明治日本の産業革命遺産の建造物の一つとして世界遺産に登録されている旧鹿児島紡績所技師館(異人館)に最も近い中学校・清水中で「異人館物語」を上演しました。
 

 史実を元にしながら演劇的創作を加えて、英国人技師と彼を迎え入れる薩摩藩士の交流を通して、異文化交流の難しさと大切さを訴えた舞台は、殺陣やダンス、そして笑いもたっぷり盛り込んで、中学生を惹きつけていました。

 また、プロジェクションマッピングや、ヴァイオリンの生演奏など五感で楽しみながら、あっという間の80分でした。
 


熱気あふれる鹿児島県民謡

   

2018年12月14日

第525回ランチタイムコンサート

演奏:赤野清隆(唄・三味線)、前田明子(鳴物)、馬場敬子(三味線・唄囃し)

 

 ランチタイムコンサート初登場のお三方による民謡の演奏を楽しみました。軽快なMCと熱気あふれる演奏で鹿児島県民謡を中心に、民謡の魅力を存分に披露。明治維新150年に盛り上がる鹿児島の郷土愛をくすぐり、「鹿児島おはら節」では踊りだすお客様がでるほどの盛り上がりをみせました。

 

動画はこちら→鹿児島県民謡「鹿児島おはら節」

 

次回12月21日は、レイール・ノーツ(ゴスペル)の演奏です。


音に包まれた贅沢な時間

   

2018年12月7日

第524回ランチタイムコンサート

演奏:ヤン・トゥリ(オーボエ)、池田祐介(ファゴット)、市来あかり(オーボエ)、井上美涼(ピアノ)

 

 初めてチェコのオーボエ奏者ヤン・トゥリさんが演奏を披露してくださいました。その見事なテクニックと深く量感溢れるオーボエの音色は、まるで音に包みこまれるように心地よく、池田さんと市来さんそして井上さんとの共演でも表情豊かで温かみのある音色が豊潤な音の世界を見せてくれました。

 

動画はこちら→ゼレンカ作曲 Trio Sonata in G moll 1楽章

 

次回12月14日は、赤野清隆さん、前田明子さん、馬場敬子さんによる民謡をお楽しみください。


明和中学校で声っておもしろいね!

   

2018年12月6日

明和中学校芸術家派遣プロジェクト「声っておもしろいね!」

演奏:声楽アンサンブル“カプリス”

 

 声楽アンサンブル“カプリス”が明和中学校で「声っておもしろいね!」を実施しました。

 久しぶりに中学生の前に立ったカプリス。最初は演奏家も中学生も緊張気味のスタートでしたが、演奏家たちの親しみのあるMCにリードされ、素晴しいパフォーマンスに引き込まれて徐々に中学生の緊張がほぐれ、静かな中にもそれぞれが楽しんでいる様子が伝わってきました。
 

 後半にはお腹を使って声を出すコツや、明るい声を作るための顔の表情の作り方などを体験した後、皆で校歌にチャレンジ。その力強くリズミカルな歌声はとてもきれいで気持ちの良い校歌でした。

 その後、カプリスが混声合唱で「手紙」を披露。中学生のよく知っている曲でその歌声と歌詞にしっかりと耳を傾けている姿が印象的でした。ラストはカプリスから中学生へ願いを込めて「ほらね」を演奏して演奏会を締めくくりました。
 


トップへ