多彩な表情見せたテューバ

   

2018年9月21日

第514回ランチタイムコンサート

演奏:杉野健三郎(テューバ)

 

 生憎の雨模様にもかかわらず沢山の方が足を運んでくださったランチタイムコンサートは、初登場のテューバ奏者杉野さんが重低音から思いがけない高音までを駆使して多彩な表情の演奏を披露して、テューバの魅力を聴かせてくれました。

 

動画はこちら→J.S.バッハ作曲 無伴奏チェロ組曲第一番(抜粋)

 

 次回9月28日は松元綾子さんと岩崎由佳さんによるピアノ連弾です。


身体震わせるジャンベの響き

   

2018年9月14日

第513回ランチタイムコンサート

出演:鹿児島大学Djembelly

 

 そろそろ秋を感じさせる青空が広がった9月14日のランチタイムコンサートは、鹿児島大学Djembelly(ジャンベリー)のみなさんがジャンベの響きで会場を沸かせました。

 小気味よいリズムと表情豊かなジャンベの響き、更には素朴なダンスも交えて、若さ溢れる演奏が真っ直ぐに伝わってきました。

 

動画はこちら→西アフリカ民謡「 ヨキ」(抜粋)

 

 次回9月21日は杉野健三郎さんのテューバ演奏です。


心癒すハワイアンとフラ

   

2018年9月7日

第512回ランチタイムコンサート

出演:ハワイアンズ・メレ・カウラナ

 

 9月に入って、台風、地震と各地で災害が相次いでいる中、ランチタイムコンサートではハワイアンの音楽とフラダンスが心を癒してくれました。

 南国情緒にあふれたハワイアンのメロディーは心優しく、フラダンスの優雅な踊りが傷つき疲れた心をそっと包み込んでくれるようでした。

 

動画はこちら→かずこセリッグ詞、鈴木邦彦曲「 天使の誘惑」

 

 次回9月14日は鹿児島大学ジャンベリーのみなさんが出演します。


テューバの魅力

   

2018年8月31日

第511回ランチタイムコンサート

演奏:"FACE"(石堂優二郎・山崎佳代子・川添初美:テューバ、上原真由:ピアノ)

 

8月最後のランチタイムコンサートは石堂優二郎さん率いるテューバアンサンブル"FACE"の演奏を堪能しました。

 普段はなかなかメインで聴く機会の少ないテューバですが、その優しく味わい深い音色は心地よく、また時には軽やかさや華やかさも感じさせるアンサンブルの妙は、テューバのイメージを拡げ、新しい魅力に気づかせてくれました。

 

動画はこちら→S.フェルヘルスト作曲「 日本に捧ぐ歌」(抜粋)

 

 次回9月7日はハワイアンズ・メレ・カウラナ(ハワイアン&フラ)のみなさんが出演します。


連弾の魅力

   

2018年8月24日

第510回ランチタイムコンサート

演奏:井手口希歩・上原真由(ピアノ連弾)

 

 学生シリーズ第4弾は大学の先輩後輩によるピアノ連弾でした。連弾の魅力を「演奏がきちんと決まった時の達成感」と説明してくれたとおり、ピアノソロとはまた違った緊張感のもと、お二人が連弾を楽しんでいる雰囲気が客席まで素直に伝わってきて、とても心地よい演奏会となりました。

動画はこちら→モンティ/ビゼー作曲、清塚信也編曲「 チャルメン」

 

 次回8月31日の演奏はテューバアンサンブルFACE(石堂優二郎・山崎佳代子・川添初美:テューバ、上原真由:ピアノ)です。


心合わせて

   

2018年8月17日

第509回ランチタイムコンサート

演奏:ハッピークローバーカルテット(芝原夢佳、島田塔子、山元春花、室屋友花)

 

 夏の学生シリーズ第3弾は、同じ先生に習っている4人のヴァイオリニストが日頃の成果を披露しました。

 曲と真摯に向き合い、仲間を信頼しながら、心合わせて演奏する姿は清々しく、音楽の素晴らしさを素直に感じることのできる演奏でした。

 

動画はこちら→C.ダンクラ作曲「 ねえ、お母さん聞いてよ」による変奏曲

 

 次回8月24日は井手口希歩さん、上原真由さんによるピアノ連弾です。


夏は元気にドゥーワップ!

   

2018年8月10日

第508回ランチタイムコンサート

演奏:ジミー入枝TRIANGLE(ジミー入枝:ヴォーカル、なかはたはるなり:ギター、小原やむちゃ:ピアノ)

 

 夏真っ盛りに元気をもらおうということで、ドゥーワップのジミー入枝TRIANGLEの皆さんに登場していただきました。

 ジミーさんの軽妙なトークに大いに笑い、TRIANGLEの皆さんの素晴らしい演奏に、心も体も元気をもらった30分でした。

 

動画はこちら→宮原恵津子・ジミー入枝作詞、ジミー入枝作曲「 たんぽぽのように…」

 

 次回8月17日はハッピークローバーカルテット(山元春花、島田塔子、芝原夢佳、室屋友花)の皆さんが出演します。


伸びやかな高音の魅力

   

2018年8月3日

第507回ランチタイムコンサート

演奏:大澤桃佳(ソプラノ)、福重真紀(ピアノ)

 

 夏の学生シリーズ第2弾は東京芸大3年の大澤桃佳さんがすばらしい歌声を披露しました。

 日本歌曲を中心にした前半からフランス・ドイツの曲による後半へと、大澤さんの伸びやかな澄んだ高音が、心地よく身体に染み込んでくるようで、外の厳しい暑さも忘れて、歌に聴き入った30分でした。

 

動画はこちら→ガブリエル・フォーレ作曲レクイエム「 Pie jesu」

 

 次回8月10日はジミー入枝TRIANGLEの皆さんが出演します。


心を込めた演奏に大きな拍手

   

2018年7月27日

第506回ランチタイムコンサート

演奏:松元愛依(メゾソプラノ)、庄村栞莉(ピアノ)

 

 7月最後のランチタイムコンサートは高校時代からの友人という松元愛依さんと庄村栞莉さん、おふたりの演奏を鑑賞しました。

 夏に因んだ日本歌曲からクラシックまで、松元さんの情感に満ちた美しい歌声と、庄村さんの一音一音を愛おしむような心を込めた演奏に、満席の会場から大きな拍手が送られました。

 

次回8月3日はソプラノの大澤桃佳さんとピアノの福重真紀さんが出演します。
 


ピアノと鍵盤ハーモニカのアンサンブル

   

2018年7月20日

第505回ランチタイムコンサート

演奏:三好恵子&MAY(ピアノ、鍵盤ハーモニカ)

 

 2016年3月以来の出演となる三好恵子さんが素敵な演奏を聴かせてくれました。今回は鍵盤ハーモニカのMAYさんとのデュオで、ジャズ風にアレンジしたポピュラー曲や弾き語りによるオリジナル曲を演奏。

 アンニュイな雰囲気の三好さんの歌声と、どこか懐かしい中に力強さを感じるMAYさんの鍵盤ハーモニカが心地よいアンサンブルをつくりだしていました。

 

動画はこちら→三好恵子作詞作曲「向日葵」

 

 次回7月27日はメゾソプラノの松元愛依さんとピアノの庄村栞莉さんが演奏します。


トップへ