かごしまギャラリープロジェクト2011 個性豊かな作家たち(1)

   

2011年8月2日
かごしまギャラリープロジェクト2011が始まりました。今年も個性豊かな作家たちの作品が楽しめます。

ギャラリー杜では窪信一朗作品展「ごあいさつ」が開かれています。等身大の堂々とした彫刻が並ぶ空間は、まるで彫刻の世界に迷い込んだような感覚です。

ギャラリー彩では中野明久作品展「passage inside」が開かれています。モデルの息遣いも感じさせるような緻密な具象画と、その先を見つめる精神性も感じられる会場は、心地よい緊張感に包まれています。

ギャラリー游では吉村英樹絵画展「つながり」が開かれています。
小品から大作まで、絶妙のバランスで展示され、作品の魅力だけでなく、作品をつなぐリズムが心地よい空間を作り出しています。

かごしまギャラリープロジェクトは上記3会場ほかギャラリー白樺、天文館画廊、ギャラリー夢空間で8月7日まで開催中です。


トップへ