かごしまギャラリープロジェクト2011 個性豊かな作家たち(2)

   
ギャラリー白樺では米倉秀太郎作品展「さよなら」が開催中です。大きく3つに分けられるギャラリーの特徴を活かして、各部屋ごとに雰囲気の違う作品が並んでいます。作品のタイトルにも作家のこだわりが伺えます。

天文館画廊は、今回はこのギャラリープロジェクトを支えてきたベテラン作家の作品が展示されています。「連・連・連〜つながる作家たち展」という展覧会名には、作家同士の横のつながりだけでなく、若手作家への世代間のつながり、作家と市民そして今回の大震災で被災された方々とのつながりという意味も込められています。
 

トップへ