秋の夜のクァルテットの幸福な溜息の…

   
2011年10月27日

郡山支所旧議場で開かれたカンナの花コンサートは佐々木実美さん(第1ヴァイオリン)、福永里美さん(第2ヴァイオリン)、吉満太志さん(ヴィオラ)、有村航平さん(チェロ)による弦楽四重奏の演奏を楽しみました。

第1ヴァイオリンの佐々木さんが地元花尾町出身ということで、佐々木さんを小さいころから知っているという方々をはじめ、会場は満員。次々と演奏される弦楽四重奏の美しいアンサンブルに浸っていました。

曲の合間には佐々木さんによる曲や楽器の解説もあり、音楽をたっぷりと味わうことができた「幸福なため息の」コンサートとなりました。
 

トップへ