かごしまギャラリープロジェクト(3)

   
2012年8月8日

 今日はギャラリー杜の丸尾浩輝展「カルミア」とギャラリー彩の池田拓真個展「Ecorve」のご紹介です。

 丸尾さんは精緻な筆致でリアルな人物を描いてきましたが、屋久島の自然に触れたことで今、自然の描きかたを追究しているそうです。屋久島の原生林を油彩で細密に描いた作品の横には墨だけで描いた雨の中の森が展示されていました。

 ギャラリー彩の池田拓真個展「Ecorve」は一風変わった雰囲気です。なんだかすべてが途中のようですが・・・。個展タイトルの「Ecorve」は「移行部」をもじった造語だそうで、そこには制作過程も含めて作品でありたいという作家の意図が込められているようです。

その他の会場
ギャラリー白樺/三浦祐成展「消えたわけじゃない光」
 ギャラリー夢空間/津留貴大作品展「愛と好奇心。」 ギャラリー游/木浦奈津子展 天文館画廊/桑幡紀行展


 

トップへ