弦楽三重奏を堪能

   

2017年4月28日

第446回ランチタイムコンサート

演奏:竹添みどり(ヴァイオリン)、安楽聡子(ヴィオラ)、清水かおり(コントラバス)

 

 ゴールデンウィーク直前の穏やかな青空が広がる中、ランチタイムコンサートの会場には弦楽の心地よい調べが流れました。

 竹添さんのヴァイオリンと安楽さんのヴィオラがお互いを引き立てながら豊かな味わいを創り出し、そこに清水さんのコントラバスが深みとアクセントを加えて、豊麗な音の世界が観客を魅了しました。

 

動画はこちら→ドボルザーク作曲、町田治編曲「ユーモレスク」

 

来週5月5日はお休みして、次回は5月12日、末廣輝さん(オーボエ)と福田舞さん(フルート)、井上美涼さん(ピアノ)が演奏します。


トップへ