からだでコミュニケーション

   

2017年5月13日

平川小学校芸術家派遣プロジェクト

「親子でからだでコミュニケーション」

指導:勝部ちこ・鹿島聖子(コンタクトインプロビゼーション舞踊家)、西迫貴美代(県立短期大学講師)

 

 今年度最初の芸術家派遣プロジェクトを平川小学校で実施、勝部・鹿島・西迫の3人の指導者の下、子どもたちと保護者が一緒になってからだを使ったコミュニケーションと表現活動に取り組みました。
 

 はじめは「コンタクトインプロビゼーションって何?」とよくわからない様子の子どもたちでしたが、実際にからだを動かし、友だちやお母さん・お父さんたちと触れ合う中で、少しずつ積極的になり、お互いに動きを工夫するなど、からだを使った表現の面白さを感じているようでした。また保護者の方も日頃の子どもさんとのふれあいとは一味違った接し方に新鮮な感覚を持たれたのではないかと思います。
 


トップへ