このコト、あのコト、どんなコト?!

   

2017年6月20日

宮小学校芸術家派遣プロジェクト「このコト、あのコト、どんなコト?!」

演奏:梶ケ野亜生(箏、十七絃、三味線)、福田井亮(尺八)

 

 宮小学校で箏や三味線、尺八に親しむ芸術家派遣プロジェクトが実施されました。

 いきなりの箏と尺八による校歌の演奏に子どもたちは目を輝かせ、一緒に大きな声で歌ってプログラムは始まりました。
 

  普段見慣れない楽器が、目の前で演奏されることで、子どもたちは体全体で音を感じているようでした。途中の楽器体験では、実際に箏の絃を弾いてみてその張りの強さにびっくりしたり、尺八の音を出すのに悪戦苦闘して首をひねってみたりと、それぞれに音を出すことの難しさと、そこから音楽を奏でる凄さも実感したようでした。

 体育館には雨音も聴こえていましたが、それも音楽の一部として感じているような子どもたちの集中した様子が印象的でした。
 


トップへ