木管五重奏の響き(城南小)

   

2017年11月1日

城南小学校芸術家派遣プロジェクト「木管五重奏の響き」

演奏:関めぐみ(フルート)、進史絵(オーボエ)、中野さおり(ホルン)、久保由香理(ファゴット)、平山美津代(クラリネット)

 

 秋晴れの中、フルートの関さんをはじめとする5人の木管奏者が城南小学校の子どもたちに演奏を届けました。

 シュトラウスのポルカ「観光列車」で始まった演奏会。前半はクラシックを中心にそれぞれの楽器の音色を楽しんでもらうもの。
 

 後半はアニメや映画音楽など子どもたちが慣れ親しんでいる曲を木管五重奏で味わってもらいました。

 知っている曲があると、子どもたちはお友だち同士目配せしてうなずき合ったり、アニメの曲では思わず歓声を上げて喜び、演奏にあわせて歌い出したりと、音楽をとても素直に楽しんでいる様子が微笑ましく感じました。
 


トップへ