このコト、あのコト、どんなコト?!

   

2017年11月14日

八幡小学校芸術家派遣プロジェクト「このコト、あのコト、どんなコト?!」

演奏:梶ケ野亜生ほか桐の音楽院社中(箏、三味線)、福田井山・福田井亮(尺八)

 

 子どもたちになじみのない邦楽を知り、楽しんでもらいたいと8人の邦楽家が八幡小で演奏を披露しました。

 箏や三味線、尺八と名前は聞いたことがある子どもは多いのですが、実際に見たり聴いたりすることはほとんどないようです。
 

 それぞれの楽器の音の出る仕組みや演奏の仕方を説明するとともに、実際に代表の子どもたちに演奏にチャレンジしてもらいました。思いがけず良い音が出たり、絃を押すのに力が必要だったりと、実際に触れてみて初めて気づくことがあったようです。

 演奏する曲も古典から子どもたちの良く知っている曲まで、幅広くプログラムされ、少しでも子どもたちに邦楽を身近に感じてもらいたいという演奏家たちの思いが伝わる鑑賞会でした。
 


トップへ