和と洋の音つむぎ

   

2017年11月14日

甲東中学校芸術家派遣プロジェクト「和と洋の音紡ぎ」

演奏:中村瑞希(島唄・蛇味線)、肥後陽子(島唄・島太鼓)、進史絵(オーボエ)、関めぐみ(フルート)、田中美幸(ピアノ)

 

 中学生がよく聴いているJ-popとは違うけれど、クラシックや地元鹿児島の歌にも親しんでもらいたいという想いを込めた「和と洋の音紡ぎ」が甲東中学校で実施されました。
 

 クラシックの名曲と、奄美の島唄が交互に演奏されるのを聴くと、それぞれの特徴が際立つとともに、どちらも素敵な音楽として中学生にも受け止められたのではないでしょうか。また、途中には音楽の先生がサプライズで登場、歌を披露し、会場から大きな拍手が送られました。

 お終いは全員で六調を賑やかに踊って締めくくりました。
 


トップへ