艶やかな演奏で新年度をスタート

   

2018年4月6日

第491回ランチタイムコンサート

演奏:福原洋子(ヴァイオリン)、中野悦子(フルート)、大竹智巳(ハープ)

 

 新年度最初のランチタイムコンサートはヴァイオリンとフルート、ハープの素晴しいアンサンブルを味わいました。

 クラシックからミュージカル・映画音楽にボサノバまで幅広いジャンルの曲を、3人の艶やかで優雅な演奏で魅力たっぷりに聴かせて、あっという間の30分でした。

 

動画はこちら→ビゼー作曲オペラ「カルメン」より間奏曲


次回4月13日は、吉田大樹さん(バリトン)と吉田尚未さん(ピアノ)が出演します。


トップへ