音楽を通して物語を楽しむ

   

2018年10月16日

松元小学校芸術家派遣プロジェクト「朗読と音楽『大造じいさんとガン』」

出演:久野真理香(ソプラノ・朗読)、今林吹音(ヴァイオリン)、和田梨奈(フルート)、久保由香理(ファゴット)、本藏理恵(ピアノ・箏)

 

 本藏理恵さんほか5人の演奏家が松元小学校を訪れ、音楽を通して子どもたちと交流を深めました。

 前半はそれぞれの楽器の特徴をクイズと演奏で紹介。子どもたちはクイズに正解する度に大喜び、楽器がグッと身近なものになったようでした。 
 

 後半は松元小学校の校歌も作詞した椋鳩十の「大造じいさんとガン」を音楽をつけて朗読。それぞれの楽器が物語の情景や大造じいさんやガンの心の動きまでを表現して朗読を支え、子どもたちが想像する楽しさをより一層引き出しているようでした。一心に朗読に耳を傾け、音楽を感じ取っている子どもたちの姿が印象的な鑑賞会でした。
 


トップへ