弦楽四重奏ってなあに?

   

2018年10月17日

星峯西小学校芸術家派遣プロジェクト「ようこそクラシック音楽の世界へ〜弦楽四重奏ってなあに?〜」

演奏:今林吹音・木佐貫茜(ヴァイオリン)、安楽聡子(ヴィオラ)、有村航平(チェロ)

 

 星峯西小学校の芸術家派遣プロジェクトは弦楽四重奏を通してそれぞれの楽器の特徴や演奏の上での役割など知ってもらい、音楽に親しんでもらうプログラムを実施しました。
 

 実際に目の前で楽器を見て、その音色を聴き、またその音が重なって曲が出来上がっていることを生で体験したことは子どもたちにとって大きな発見だったのではないでしょうか。45分という短い時間でしたが、これを通してクラシック音楽や楽器に少しでも興味を持ってもらえたらと願っています。
 


トップへ