桜丘東小で「和と洋の音紡ぎ」

   

2018年11月10日

桜丘東小学校芸術家派遣プロジェクト「和と洋の音紡ぎ」

演奏:中村瑞希(島唄・蛇味線)、肥後陽子(島唄・ツヅィン太鼓)、関めぐみ(フルート)、進史絵(オーボエ)、福重真紀(ピアノ)

 

 7日の明和小に続いて桜丘東小で「和と洋の音紡ぎ」の鑑賞会を開催しました。
 

 島唄に初めて触れる子どもたちも多く、奄美の方言や島唄独特の歌声に蛇味線の音色はとても新鮮に感じたようでした。またフルートやオーボエ・ピアノとのコラボレーションも子どもたちには素直に受け取っていたようです。

 朝早くからの鑑賞会でしたが、途中の手遊び歌や踊りへの参加も子どもたちはリラックスして楽しんでいました。
 


トップへ