弦楽四重奏ってなあに?

   

2018年11月15日

和田小学校芸術家派遣プロジェクト「ようこそクラシックの世界へ〜弦楽四重奏ってなあに?〜」

演奏:今林吹音・木佐貫茜(ヴァイオリン)、安楽聡子(ヴィオラ)、有村航平(チェロ)

 

 和田小学校の芸術家派遣プロジェクトには有村航平さんはじめ4人の演奏家が参加しました。
 

 弦楽器の特徴と音の出る仕組みや各楽器の個性を演奏で味わった後、それぞれの音を重ねあわせていくことで出来上がっていく様を見て聴いてもらうことで、弦楽四重奏がわかりやすく理解されたのではないでしょうか。

 休憩時間には興味を持った楽器の周りに子どもたちが集まって演奏家に様々な質問をしていました。

 そのことが後半の弦楽四重奏による名曲鑑賞に繋がり、子どもたちは熱心に聴き入っていたようでした。
 


トップへ