福平小で木管五重奏の響き

   

2018年11月20日

福平小学校芸術家派遣プロジェクト「木管五重奏の響き」

演奏:関めぐみ(フルート)、進史絵(オーボエ)、松田俊太郎(ホルン)、久保由香理(ファゴット)、平山美津代(クラリネット)

 

 穏やかな秋空が広がる中、福平小学校では木管五重奏を鑑賞しました。楽器紹介を兼ねた「山の音楽家じゅんばん協奏曲」でそれぞれの楽器の音色を聴き比べた後、子どもたちの大好きな宮崎駿作品のメドレーなどを木管五重奏で楽しみました。
 

 児童数が多いため、下学年と上学年に分かれての鑑賞会でしたが、下学年では演奏や解説に素直に反応する様子が微笑ましく、上学年では集中して聴き入る姿が印象的でした。
 


トップへ