5年生が和楽器に親しむ

   

2019年1月24日

原良小学校芸術家派遣プロジェクト「このコト、あのコト、どんなコト?」

演奏:梶ケ野亜生・上ノ町星玲・寺師玲香・繁盛慶(箏・十七絃・三味線)、福田桔山(尺八)

 

 今年度最後の芸術家派遣プロジェクトは原良小学校の5年生を対象にして、和楽器に親しんでもらうプログラムを実施しました。

 前半は代表の児童が楽器体験に挑戦。お箏では絃の強い張りにびっくり、尺八ではなかなか音が出ず…と、触れることで初めてわかる体験でした。
 

 後半は和楽器による「春の海」からポップスの曲の演奏を鑑賞しました。「みんなが絶対知っている曲」という説明のあとに演奏した曲に、出だしは友だち同士で顔を見合わせていましたが、バラバラバラっと一斉に立ち上がって大きな声で歌い出したのは原良小の校歌でした。普段とは違う雰囲気の校歌は新鮮に感じたのではないでしょうか。冷たい冬の体育館でしたが、子どもたちは最後まで熱心に和楽器を楽しんでいました。
 


トップへ