ピアノとマリンバのお腹のぞいたよ

   

2019年6月21日

前之浜小学校芸術家派遣プロジェクト「身近な楽器で発見!体験!音楽会‼」

演奏:パーネル茂谷優子(ソプラノ)、安田奈緒子(マリンバ)、厚地麻美(ピアノ)

 

 「子どもたちにもっと音楽を好きになってもらいたい」と、演奏家の息遣いまでわかる距離で演奏を楽しんでもらいました。

 茂谷さんが子どもたちの中に入り込んで歌うと、目を丸くして見つめたり、恥ずかしそうに目を伏せたり、友だちと笑い合ったり、歌声に反応して子どもたちの表情がさざ波のように全体に広がっていきました。
 

 また、マリンバやピアノの演奏では、子どもたちは楽器を取り囲んで、楽器のお腹の中をのぞきこみながら、演奏する姿とその音を感じているようでした。

 童謡やアニメ曲では、知っている曲になると友だちと一緒に口ずさみ、最後は学校で練習した「虹」と校歌を力いっぱい歌って、みんなで楽しんだ音楽会でした。

 歌やピアノ、打楽器となじみのあるものも、演奏家の説明や演奏を聞き、見ることで新しい発見があったことでしょう。
 


トップへ