歌う楽しさ、声合せる喜びを届ける

   

2019年7月13日

武中学校芸術家派遣プロジェクト「声っておもしろいね!」

演奏:声楽アンサンブル“カプリス”(ソプラノ:森美紗・野村奈央、アルト:三浦かおり・手塚洋子、テノール:冨松大幹・曽木時人、バス:早坂卓・溝田凌、ピアノ:野村由美)

 

1学期最後の派遣プロジェクトは武中学校を声楽アンサンブル“カプリス”が訪問して、合唱の魅力を伝えました。

 

 

 

 まず、4声の特徴と合唱での役割の説明があり、実際にその歌声を聴き比べてもらいました。そのあと、女声、男声そして混声と声を重ねながら、それぞれの合唱の魅力を感じてもらいました。

 また実際に声を出すための姿勢やお腹の使い方などを体験したあと、全員で校歌を斉唱。普段、何げなく歌っている校歌も新鮮に聴こえたのではないでしょうか。

 視覚的にも楽しめる曲やアカペラも交えて合唱の楽しさは伝わったことと思います。最後は中学生へのエールを込めた曲で締めくくりました。

 


トップへ