情景拡がるテノールの歌声

   

2019年9月20日

第563回ランチタイムコンサート

演奏:川野貴之(テノール)、堂原梨寿夢(ピアノ)

 

 台風接近を感じさせる雨風の強い中でのランチタイムコンサートでしたが、テノールの川野さんが音楽との出会いをテーマにして、日本歌曲を中心に歌声を披露しました。

 川野さんの素晴らしい歌声は歌詞の意味が情景として拡がるようで、情感の籠った演奏に会場から大きな拍手が送られました。

 

動画はこちら→オペラ「魔笛」より“何と美しい絵姿”

 

次回9月27日はテューバの杉野健三郎さんとピアノの芳田聡子さんが出演します。


トップへ