癒しと愛と元気!

   

2017年11月10日

第471回ランチタイムコンサート

演奏:竹原久美子(ソプラノ)、原田陽子(ピアノ)、福森路子(フルート)

 

 穏やかな秋晴れの中、市民アートギャラリーは3人の演奏家の奏でる音楽にやさしく包まれました。

 癒しと愛と元気をテーマに選曲したということで、会場いっぱいの観客はそれぞれに、癒され、愛され、元気づけられたのではないでしょうか。

 

次回11月17日はハーモニカアンサンブル・ドリームファンタジーの皆さんが出演します。
 


色彩豊かなサクソフォン四重奏

   

第470回ランチタイムコンサート

演奏:サクソフォン四重奏団「Apéro」

 

 ランチタイムコンサート初登場「Apéro」の皆さんによる、サクソフォン四重奏を楽しみました。台風の近づく曇り空でしたが、会場は大勢の立ち見が出るほどの大盛況。息のあった四重奏で奏でるクラシック音楽や日本の音楽に、会場からは割れんばかりの盛大な拍手が送られていました。

 

 

動画はこちら→福田洋介編曲「にほんのうた」より抜粋

 

 

 次回11月10日は、竹原久美子さん(ソプラノ)、福森路子さん(フルート)、原田陽子さん(ピアノ)の演奏です。 

 

 


優しく響くオカリナの音色

   

2017年10月20日

第469回ランチタイムコンサート

演奏:西元順子(オカリナ)

 

 どんよりとした曇り空でしたが、ランチタイムコンサートの会場には澄んだオカリナの音色が響き渡りました。

 6月まで福岡で活動していたという西元さんの鹿児島での初コンサートは、懐かしい童謡からポピュラー、そしてクラシックまで幅広い選曲で、オカリナの優しい音色に包まれて、聴き入る人たちは自然とにこやかで穏やかな表情になったようでした。

 

動画はこちら→シューベルト作曲「アヴェ・マリア」

 

次回10月27日は、サクソフォン四重奏団Apéroの皆さんの演奏です。


繊細で鮮やかな演奏

   

2017年10月13日

第468回ランチタイムコンサート

演奏:宮下千百合(ソプラノ)、庄村栞莉(ピアノ)

 

 宮下千百合さんの歌声と庄村栞莉さんのピアノ演奏を楽しみました。宮下さんはプッチーニと日本の歌曲を演奏、その情感豊かな歌声が魅力的でした。庄村さんは伴奏だけでなく、ドビュッシーの作品で、繊細で鮮やかな演奏を披露してくれました。

 

動画はこちら→北原白秋作詞・山田耕筰作曲「この道」

 

次回10月20日のランチタイムコンサートは、西元順子さんのオカリナ演奏です。


チャーミングなアンサンブル

   

2017年10月6日

第467回ランチタイムコンサート

演奏:Bee trinity(奥平彩/サクソフォン、山口茉実/マリンバ、田原晴海/作曲・ピアノ)

 

 Bee trinityは松陽高校の同期だった3人で結成したアンサンブル。お互い気心の知れたその演奏はひとり一人の個性が輝き、とてもチャーミングなアンサンブルを創り出していました。

 彼女たちの演奏に乗せられて、客席は軽やかで爽やかな空気に包まれました。

 

動画はこちら→ベートーヴェン作曲、田原晴海編曲 Joiful Joiful

 

次回10月13日のランチタイムコンサートは、ソプラノの宮下千百合さんとピアノの庄村栞莉さんが出演します。


タンゴを楽しむ

   

2017年9月29日

第466回ランチタイムコンサート

演奏:橋本さゆり(フルート)、大森真理(ピアノ)

 

 爽やかな秋空が広がる中、ランチタイムコンサートでは橋本さんと大森さんによる素晴らしい演奏が繰り広げられました。

 今回はタンゴをテーマにしたということで、ピアソラやランチタイムコンサートでは初めてというゲーゼの曲を披露。優雅で切れがあり、時に甘美なタンゴのリズムが心地よい秋の風を感じさせてくれました。

 

次回10月6日はBee trinity(奥平彩:サクソフォン、山口茉実:マリンバ、田原晴海:ピアノ)が出演します。
 


姉妹で共演

   

2017年9月22日

第465回ランチタイムコンサート

演奏:原あいら(ソプラノ)、原実果子(ピアノ)

 

 ランチタイムコンサートで鹿児島国際大学大学院の原あいらさんと同大学3年の原実果子さんによる姉妹共演が実現しました。

 あいらさんの歌詞を観客に手渡すような丁寧な歌唱と、それをしっかりと支える実果子さんのピアノ伴奏がとても気持ちよく、30分という時間があっという間でした。

 

動画はこちら→石川啄木作詞、越谷達之助作曲「初恋」

 

次回9月29日のランチタイムコンサートは、フルートの橋本さゆりさんとピアノの大森真理さんが出演します。


伝統楽器に挑む若者たち

   

2017年9月15日

第464回ランチタイムコンサート

演奏:鹿児島大学学友会邦楽部

 

 台風の接近を感じさせる雨模様の中、ランチタイムコンサートは鹿児島大学邦楽部の皆さんが熱のこもった演奏で会場を盛り上げました。

 伝統楽器に触れる機会がほとんどなくなった現在、若者たちが箏に十七絃、三味線、琵琶そして尺八、篠笛、太鼓と真摯に演奏している姿は頼もしく思えました。

 

動画はこちら→長沢勝俊作曲「夏の一日」(抜粋)

 

次回9月22日の演奏は、ソプラノの原あいりさんとピアノの原実果子さんです。


異国の熱い風を感じるひととき

   

2017年9月8日

第463回ランチタイムコンサート

演奏:鹿児島大学ジャンベリー(ジャンベ)

 

 残暑厳しい午後、鹿児島大学ジャンベリーの皆さんによるジャンベ演奏を楽しみました。なかなか馴染みのないアフリカ音楽ですが、リズミカルな音楽に観客も手拍子で応え、一体感のある演奏が繰り広げられました。とても楽しそうに演奏する大学生の皆さんのおかげで会場は大きな盛り上がりをみせ、異国情緒ただようにぎやかなひとときとなりました。

 

動画はこちら→アフリカ民謡「ソリ」

 

次回9月15日は、鹿児島大学邦楽部の皆さんが登場します。

 

 


日頃の成果を披露

   

2017年9月1日

第462回ランチタイムコンサート

演奏:飯干ひなた(ホルン)、久留千尋(トランペット)、白澤沙季(クラリネット)、井手口希歩(ピアノ)

 

 9月最初のランチタイムコンサートは鹿児島国際大学3年の4人が日頃の成果を披露しました。共に音楽を学ぶ仲間として競い合い、支え合っている彼女たちの真摯な演奏に、満席の客席から大きな拍手が寄せられました。

 

動画はこちら→伊藤康英作曲「チョコレート・ダモーレ」

 

次回、9/8(金)のランチタイムコンサートは鹿児島大学ジャンベリーの皆さんが登場します。


トップへ