箏と舞とリコーダーの夕べ

   
11月27日、五色の花シリーズの最後、さくらの花コンサートが桜島支所で開かれました。地元桜峰幼稚園児の元気な太鼓演奏に始まり、桜島出身の鹿児島実業高校吹奏楽部4人の生徒の皆さんが雰囲気を盛り上げてくれました。そのあと、箏の梶ヶ野亜生さんとリコーダーの吉嶺史晴さんの自在な演奏に酔いしれました。また花柳二千翔さん・あきじさん・雪之翔さんによる優雅で華やかな日本舞踊も立ち見が出るほど満席の観客を魅了しました。


議場にジャズ

   
11月14日、喜入支所旧議場でのつわぶきの花コンサートは大久保重樹(ドラム)、松本圭使(ピアノ)、森田晃平(ベース)によるジャズを楽しみました。議場いっぱいの喜入地域のみなさんは秋の夜に染みるジャズの音色におもいおもいに身体でリズムをきざんでいました。


五色の花コンサート始まる

   
 鹿児島市と周辺旧五町との合併を記念して2005年に始まった「五色の花コンサート」は今年で4回目を迎えました。旧議場を活用して地域の人々に音楽に親しんでもらう場として定着してきたコンサート、今年は吉田支所から始まりました。
 10月24日吉田支所での「もくせいの花コンサート」はテノールの前田昭文さんとソプラノの五反田致予子さん、ピアノの前田敦子さんが出演。旧議場に歌声が響き渡り、約60人の観客は最後まで楽しんでいました。


 10月28日、郡山支所での「カンナの花コンサート」では三浦かおりさん(ソプラノ)、関めぐみさん(フルート)、野元奈帆子さん(ハープ)の優しい響きのアンサンブルに、約140人の観客はうっとりと聴き入っていました。アンコールでは観客も一緒に歌う場面のあり、温かい雰囲気の1時間でした。


 10月30日の松元支所での「菊の花コンサート」は「秋風にのせて〜弦の調べ〜」としてフェミナンカルテット(第1ヴァイオリン:福原洋子さん、第2ヴァイオリン:山下かおりさん、ビオラ:土井直子さん、チェロ:重森敬子さん)による弦楽四重奏の演奏を楽しみました。会場には大輪の菊の花も飾られて、和やかな雰囲気の中で約90人の聴衆は弦楽器の柔らかな音色を堪能しました。

トップへ