• -

新年おめでとうございます

   
新年おめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。おかげさまで、芸術家派遣プロジェクトを中心に、かごしまギャラリープロジェクトや親子環境アートフェスティバル、市民アートギャラリーランチコンサートなど、市民とアートを繋ぐ様々な企画を実施できました。
本年もさらに充実した企画で、より一層、市民生活の中にアートが浸透し、市民が気軽にアートとふれあうことができるよう、努めていきたいと思います。
どうぞ今後ともご支援ご協力を、よろしくお願い申し上げます。
 かごしまアートネットワーク 理事長 丸田真悟

今年のラストはゴスペル

   
12月26日、市民アートギャラリー今年最後のランチタイムコンサートはゴスペルでした。ゴスペルクワイヤ「モゼーズ」の5人がしっとりした曲から元気の出る曲までバラエティ豊かなプログラムを美しいハーモニーで聴かせてくれました。年明けは1月9日グループやよいの皆さんによるお琴とフルートの演奏から始まります。どうぞ来年も市民アートギャラリーランチタイムコンサートをお楽しみください。


心地よいジャズの響き

   
12月19日の市民アートギャラリーランチタイムコンサートは心地よいジャズを楽しみました。ピアノの松本圭使さんとベースの森田晃平さん、ヴォーカルの松本舞さんによるセッションはクリスマスにちなんだ曲を中心に、楽しく、ちょっとお洒落な雰囲気のコンサートとなりました。


温かいクリスマス音楽

   
12月12日のランチコンサートはソプラノの福山衣里さん、サクソフォンの赤崎公美さん、ピアノの中池順子さんによるクリスマス特集となりました。クリスマスをイメージした衣裳で登場した3人は、クラシックからゴスペル、ジャズまで幅広いクリスマス曲を披露。会場は華やかで温かい雰囲気に包まれました。


降り注ぐハンドベルの音色

   
12月5日のランチタイムコンサートは、この季節にぴったりのハンドベルが登場しました。安楽晃さん指揮・RingersApollon谷山の皆さんによる「きよしこの夜」や「ジングルベル」などクリスマスにちなんだ演奏に口ずさんだり、降り注ぐようなハンドベルの音色を味わっていました。


絵の見かたを学ぶ

   
12月2日、玉江小学校での芸術家派遣プロジェクトは6年生を対象にして「絵の見かた」と題して、美術プログラムを実施しました。画家の桶田洋明さん、造形作家の松山豊さんに美術の曾我部洋子さん、松下茉莉香さんが指導にあたりました。プロジェクターを使って様々な絵を見ながら解説したあと、それぞれがスクラッチアートにチャレンジしました。それぞれ個性的で、思いがけない物語を創り出す子もいて、楽しい美術の時間となりました。


優雅な調べ

   
11月28日のランチタイムコンサートはヴァイオリン(森田由美子さん)、ハープ(野元奈帆子さん)、ピアノ(三好里奈さん)の優雅な調べを楽しみました。満席の会場は外の寒さも忘れる暖かなひとときを過ごしました。特にハープは普段目にする機会の少ない楽器のため、終演後もハープのそばに寄って眺めたり、熱心に質問する人の姿も見受けられました。


箏と舞とリコーダーの夕べ

   
11月27日、五色の花シリーズの最後、さくらの花コンサートが桜島支所で開かれました。地元桜峰幼稚園児の元気な太鼓演奏に始まり、桜島出身の鹿児島実業高校吹奏楽部4人の生徒の皆さんが雰囲気を盛り上げてくれました。そのあと、箏の梶ヶ野亜生さんとリコーダーの吉嶺史晴さんの自在な演奏に酔いしれました。また花柳二千翔さん・あきじさん・雪之翔さんによる優雅で華やかな日本舞踊も立ち見が出るほど満席の観客を魅了しました。


美しい日本の歌と世界の名曲

   
11月26日、八幡小学校で「美しい日本の歌と世界の名曲」と題して芸術家派遣プロジェクトが実施されました。本藏理恵さん(ピアノ)、内泉さん(ソプラノ)、福原洋子さん(ヴァイオリン)、重森敬子さん(チェロ)、Mamiさん(クラリネット)により第一部では世界の名曲が演奏され、第二部ではいろいろな組み合わせで日本の歌が演奏されました。子どもたちは最後まで熱心に聴き入り、フィナーレは校歌の大合唱となりました。


音の組み合わせ楽しむ

   
11月21日のランチタイムコンサートはオーボエの新宮領史絵さんとマリンバの川田絵里子さん、ピアノの大久保美紀さんが登場。普段、あまりない組み合わせの演奏会でしたが、それぞれの楽器の特徴などレクチャーも交えて、華やかな雰囲気の演奏会となりました。


トップへ