音の違いに歓声

   
10月29日、西紫原小学校で「管楽器の魅力」と題した芸術家派遣プロジェクトが低学年と高学年に分けて実施されました。堂園和也(トランペット)、堂園さおり(クラリネット)、田村弥生(サキソフォン)、外山友美(トロンボーン)、郡山俊一郎(テューバ)による管楽器の仕組みや歴史の話も交えての親しみやすい曲で編成されたプログラムに子どもたちは楽しそうに聴き入っていました。またマウスピースの音の聴き比べではその大きな違いに子どもたちは歓声をあげていました。


ランチコンサート 同じ編成に個性

   
10月24日と31日は奇しくも声楽とヴァイオリン、ピアノという同じ編成になりました。
24日はアルトの大友幸世さんにヴァイオリンの大成節子さん、ピアノの萩原みどりさんが、シューベルトの「野ばら」や山田耕筰の「あわて床屋」などを演奏し、約60人の聴衆はお昼休みのひとときを楽しんでいました。



31日はソプラノの三浦かおりさん、ヴァイオリンの鳥取部由季さん、ピアノの北方雅代さんが「アヴェ・マリア」や「踊りあかそう」などなじみのある曲を中心にさわやかな演奏を披露しました。


和楽器に親しもう

   
10月21日、田上小学校で「和楽器に親しもう」というタイトルで芸術家派遣プロジェクトが実施されました。お琴の坂元歌媛、牧山歌啓、米原歌美の3氏とフルートの中間孝一郎氏が「越天楽」などを演奏し、子どもたちに琴の演奏体験をしてもらい、楽しいひとときを創り出していました。


五色の花コンサート始まる

   
 鹿児島市と周辺旧五町との合併を記念して2005年に始まった「五色の花コンサート」は今年で4回目を迎えました。旧議場を活用して地域の人々に音楽に親しんでもらう場として定着してきたコンサート、今年は吉田支所から始まりました。
 10月24日吉田支所での「もくせいの花コンサート」はテノールの前田昭文さんとソプラノの五反田致予子さん、ピアノの前田敦子さんが出演。旧議場に歌声が響き渡り、約60人の観客は最後まで楽しんでいました。


 10月28日、郡山支所での「カンナの花コンサート」では三浦かおりさん(ソプラノ)、関めぐみさん(フルート)、野元奈帆子さん(ハープ)の優しい響きのアンサンブルに、約140人の観客はうっとりと聴き入っていました。アンコールでは観客も一緒に歌う場面のあり、温かい雰囲気の1時間でした。


 10月30日の松元支所での「菊の花コンサート」は「秋風にのせて〜弦の調べ〜」としてフェミナンカルテット(第1ヴァイオリン:福原洋子さん、第2ヴァイオリン:山下かおりさん、ビオラ:土井直子さん、チェロ:重森敬子さん)による弦楽四重奏の演奏を楽しみました。会場には大輪の菊の花も飾られて、和やかな雰囲気の中で約90人の聴衆は弦楽器の柔らかな音色を堪能しました。

芸術家派遣プロジェクト ミュージカルを楽しもう

   
10月17日、東昌小学校で芸術家派遣プロジェクト「楽器の響き、声の響き(ミュージカルを楽しもう)」を開きました。参加したのはソプラノの堀之内孝子さんとフルートの立元昌代さん、ハープの大竹智巳さん、ピアノの加治ひろみさん、そして朗読の市川裕子さん。
子どもたちはそれぞれの楽器の音色を楽しみ、また演奏家と一緒に歌って、音楽をからだいっぱいに楽しんでいました。

ギャラリーに響くドラムのリズム

   
10月17日の市民アートギャラリーランチコンサートには打楽器奏者の森田孝一郎さんが登場しました。
様々な打楽器の音色とリズムがギャラリーの空間に響き渡り、約40人の観客が楽しみました。また、終了後は様々な打楽器を興味深げにたたく人もいました。



  • -

親子でアートを通して環境を考える

   
かごしま環境未来館の開館記念フェアの一環として10月18・19日、親子環境アートフェスティバルを開催しました。2日間にわたり7つのプログラムにたくさんの親子が参加し、美術や音楽を楽しみながら環境を考えました。
プログラム「大空に絵を描こう」

プログラム「甲突川音の探検隊」の演奏会

大空に描いたみんなの絵

秋空のようなランチコンサート

   
10月10日の市民アートギャラリーランチコンサートにはヴァイオリンの菅野優貴さんとピアノの水口香代子さんが登場しました。
あいにくの雨模様でしたが、菅野さんの初々しいトークと演奏はさわやかな秋の空を感じさせてくれました。
9月からかごしまアートネットワークで取り組んでいるランチコンサートですが、常連のお客さんもでき、少しずつ定着してきているようです。



クラリネットの温かい響き

   
10月3日のランチコンサートはMamiさんのクラリネットと本藏理恵さんのピアノの共演でした。Mamiさんの和やかなお話と卓越したクラリネット演奏、そしてそれをしっかりと支える本藏さんのピアノが市民アートギャラリーを満たし、約60人の観客を魅了しました。また当日は外国の観光客船が寄港したこともあり、会場には外国のお客さんもいらっしゃる国際色豊かな演奏会になりました。



ヴァイオリン&ピアノの共演 市民アートギャラリーランチタイムコンサート

   
9月19日と26日のランチコンサートはヴァイオリンとピアノのデュオでした。
19日は東京在住の浜田隆敏さん(ヴァイオリン)と島津紘子さん(ピアノ)が緊張感のある演奏で約50人の観客を魅了しました。また26日は、宮園智帆さん(ピアノ)に支えられて東条里美さん(ヴァイオリン)の奏でる演奏に皆さん聞き入っていました。
9月19日ランチコンサート
9月19日ランチコンサート

9月26日ランチコンサート
9月26日ランチコンサート

トップへ